種類が豊富な土のう|工事に合わせてぴったりなものをチョイス

作業者

様々な業務に利用可能です

土のう

様々な作業に用いることが出来るのが土のうです。工場などの建物などの周りで利用されることも多いですが最近の物が素材に新しい特徴があります。以前は土のうというくらいなので土を詰めて使うということが一般的でしたが最近では袋の素材に麻だけでなく様々な素材が使われています。特に多いのがポリエチレンの素材です。非常に軽くて丈夫なので使われることが多くなっています。もっと進んでいる素材としては吸水性の外袋を採用することによって水分を吸って更なる重さを得ることができるという商品が出てきています。土のうはしっかりと水や様々なものから防ぐ役割があります。そのために素材は常に進化を重ねています。安全性についても素材に工夫が見られます。

企業は生産性を上げるだけではなく職場の安全ということも考えていく必要が出てきます。そのために工場などでは浸水の被害などから守るための手立ても講じる必要が出てきます。そのために必要になってくるのが土のうです。土のうを工場の浸水しやすい箇所に積んでおくことでいざというときのたのための備えになります。緊急時にすぐに使えるように準備しておくのは大切です。最近では吸水することで通常の重さよりも重くなる土のうもあります。そういうものを常備しておくことは大切です。もちろん工事などの際にも土のうは活躍します。一時的な通路を作成したりせき止めする際などにも利用できます。適切なタイミングで土のうが使えるように準備しておくことも大切です。

作業に欠かせない素材

工事現場

養生シートは建築・塗装・運搬などの作業をするとき、周囲の物を保護するために利用されます。材質や形状によって多くの種類があり、コストも異なります。防水シートや防炎シートのように特別な目的で使われる製品もあります。

もっと読む

水の浄化で環境保護

作業者

汚水処理剤は工場や工事現場から排出される水を浄化し、環境を保護するとともに産廃処理のコストを軽減します。汚水には重金属や油分や有機物などが含まれており、その種類や量に応じた汚水処理剤を選ぶことが重要です。

もっと読む

台風などの災害時に備え

土嚢

台風や豪雨などの水害の時には家屋や店舗への水の侵入を防ぐため、土嚢を入口において浸水を防ぎます。また、土砂災害が発生しそうな場所にあらかじめ設置しておき被害を防ぐためにも使われます。建築現場などでは警告色を使用した土嚢袋も使われています。

もっと読む