種類が豊富な土のう|工事に合わせてぴったりなものをチョイス

作業員

水の浄化で環境保護

作業者

産廃コストの節約にも

工場や工事現場から発生する水には、しばしば油分や汚泥が含まれており、そのままでは下水へ排出することができません。重金属などの有害物質が含まれていることもあり、場合によっては環境への深刻な影響が懸念されます。このような汚水を排出できるレベルまで浄化するために、汚水処理剤が利用されます。汚泥などを産業廃棄物として処分した場合に比べて、費用の節約になる点が汚水処理剤のメリットです。排水に含まれる有害物質の種類によって、効果的な汚水処理剤の種類も異なります。たとえば重金属を取り除くには、まず汚水にpH調整剤や重金属固定剤を混ぜ、無機凝集剤を使って沈殿させます。凝集剤には粉末タイプや液体タイプなどがあります。

多様な処理方法

排水に含まれる油分は活性炭などの吸着剤を用いて除去します。また有機物を含む排水は、微生物によって分解し、悪臭や汚泥の発生を防ぐことができます。排水の中身が変化し微生物のバランスが崩れると、汚水処理が上手くいかなくなる場合もあるため、汚水処理剤を調節する必要があります。環境意識の高まりとともに、排水規制は年々厳しくなっていますが、むやみに強力な汚水処理剤を用いれば良いというわけではありません。汚水の排出量や汚れの程度のほか、ランニングコストも考え合わせて、適切な汚水処理剤を導入することが求められます。種類が多くて分かりにくいときは、現地調査による汚水分析などのサービスを利用するのもひとつの方法です。